12月末に公表されていたエジプトにおける鳥インフルエンザウイルス(H5N1)のヒト感染で、タミフル(リン酸オセルタミビル)への耐性(感受性の減弱)が生じていたことが分かった。

ログインして全文を読む