国立感染症研究所の感染症情報センターが発表したインフルエンザレベルマップ第49週分(2006年12月4日〜12月10日)によると、宮崎県北部の延岡保健所管轄地域では前週からさらに患者数が増加し、インフルエンザの定点当たり報告数(医療機関当たりの患者数)が引き続き注意報レベルを超えている。

ログインして全文を読む