ノロウイルスに感染すると18〜48時間の潜伏期の後、嘔吐や下痢、発熱などの症状を呈する。多くの患者は1〜3日で軽快するが、患者にとっては著しく不快な上、吐物などを介して容易に感染が広がるため、たちの悪い感染症と言える。ノロウイルス感染の仕組みについて、国立感染症研究所・感染症情報センター主任研究官の松野重夫氏に聞いた。

ログインして全文を読む