薬剤溶出ステント(DES)とベアメタルステント(BMS)の留置を受けた患者で、クロピドグレルの使用の有無によるイベント発生率の違いを比較したところ、DES群では、クロピドグレルの6カ月以上の使用が有意な死亡率減少、死亡または心筋梗塞発生率の減少を引き起こすことが示された。米デューク大学のEric L. Eisenstein氏らの研究で、Journal of American Medical Association(JAMA)誌電子版に2006年12月5日に報告された。

ログインして全文を読む