米John Wayne Cancer InsituteとAmgen社のグループが、組み換えヒト・ケラチノサイト成長因子(KGF)が、抗癌剤による口内炎の発生頻度を減らしたとする臨床試験の結果を専門誌(J.Clin.Ocol.)に報告した。口内炎を含む粘膜障害は、抗癌剤の用量制限要因(DLF)となっており、KGFによる治療方法が確立されれば、減量することなく治療を完遂できる可能性が高くなる。

ログインして全文を読む