不眠はうつの危険因子としてよく知られているが、不眠の中でも入眠障害が最もうつとの関連性が高いことを、日本大医学部社会医学講座講師の兼板佳孝氏らの研究で明らかにし、11月28日都内で発表した。

ログインして全文を読む