国立感染症研究所の感染症情報センターが27日に発表した11月24日付けのインフルエンザ様疾患発生報告の2006-2007年シーズン第2報によると、11月12日〜11月18日には、全国の学校などにおける児童・生徒の患者数は、岐阜県のみで計53人だった。

ログインして全文を読む