鳥インフルエンザウイルス(H5N1)の変異株が、2005年末から中国で急速に勢力を強め、東南アジア全域に広がりつつあるようだ。中国香港大学のGavin J. D. Smith氏らの報告で、米科学アカデミー紀要(PNAS)2006年11月7日号に掲載された。変異株へのシフトが進んだ原因として、中国が2005年9月に義務化した家禽へのH5N1ワクチン接種の影響が考えられるという。

ログインして全文を読む