11月11日、「MLインフルエンザ流行前線情報データーベース」に、今シーズン(2006年11月1日〜)初めてとなるインフルエンザ症例が東京都町田市から報告された。このデータベースは、全国の有志医師がインフルエンザの自験例を登録し、その集計情報をリアルタイムにインターネットで発信するもの。今回の報告が全国的な流行の皮切りになるのかどうかは現時点では判断できないが、今季も流行が間近に迫っていることは間違いなさそうだ。

今季初のインフルエンザ報告@東京町田の画像

ログインして全文を読む