タイで今年3人目の鳥インフルエンザ(H5N1)感染が発生した。世界保健機関(WHO)がタイ公衆衛生省の発表として9月27日に伝えたところによると、患者は同国北東部のノンブアランプー県在住の59歳の男性で、7月14日に発症し、7月24日に入院した後、重篤な肺炎症状を呈して8月10日に死亡した。

ログインして全文を読む