鹿児島市で第54回日本心臓病学会学術集会が開催されている。会期は9月25日から27日までの3日間。優美な桜島の姿が眼前に広がる鹿児島市民文化ホールなど、7施設16会場で活発な議論が繰り広げられている。今期大会長は、鹿児島大循環器・呼吸器・代謝内科学教授の鄭忠和氏。大会テーマは「Cardiology with patients:Messages from Kagoshima」とした。

鹿児島で日本心臓病学会が開催の画像

ログインして全文を読む