卒後臨床研修に盛り込まれている小児の日常的な疾患の研修について、現在の体制で十分と考えている施設は半数にとどまることが分かった。これは日本小児科医会と日本外来小児科学会の共同調査の結果で、久留米大医療センター小児科講師の牛島高介氏が、第16回日本外来小児科学会年次集会で発表した。

小児プライマリケア研修は不十分の画像

ログインして全文を読む