糖尿病患者の約7割が何らかの足の神経症状を自覚しており、約4割は「糖尿病性神経障害を考える会」作成の「簡易診断基準」で診断できることが分かった。第2回日本臨床内科医学会で洞庭医院(金沢市)院長の洞庭賢一氏らのグループが発表した。

糖尿病患者の約7割が足に神経症状の画像

ログインして全文を読む