米国における降圧薬処方の動向と、処方に影響を与える要因について考察した論文が、9月18日付でHypertension誌電子版に掲載された。米スタンフォード大のJun Ma氏らが報告したもの。大規模臨床試験やガイドラインの影響は、思いのほか軽微であるようだ。

ログインして全文を読む