地方の医師不足対策を協議していた厚生労働、文部科学、総務、財務の4大臣は8月31日、特に不足が深刻な10県の大学医学部の入学定員を、各県で最大10人まで、2008年度から最長10年にわたり増やすと認めることで正式に合意した。

ログインして全文を読む