財政破たんした北海道夕張市が経営する夕張市立総合病院の再建案が8月30日、示された。これは、総務省および北海道庁から同病院の経営アドバイザーを委託された公認会計士の長隆氏および城西大学経営学部助教授の伊関友伸氏らが作成したもので、病床を170床から30床に減らし、運営を医療法人などに委託するといった抜本的な改革案となっている。

夕張市立総合病院が病床8割減で再建の画像

ログインして全文を読む