インドネシアで鳥インフルエンザ(H5N1)のヒト感染がついに60人に達した。世界保健機関(WHO)がインドネシア保健省の発表として8月24日に伝えたところによると、患者は西ジャワ州ベカシ在住の6歳の女児で、8月6日に発症し、11日に入院した。現在も入院中だが回復しつつあるという。

ログインして全文を読む