米国では、新たな禁煙薬物療法となるバレニクリン(商品名チャンティックス、ファイザー)が8月1日に発売された。その効果と安全性を評価する第3相臨床試験の結果が、国際的なVarenicline Phase 3 Study Groupによって3本の論文にまとめられ、Journal of American Medical Association(JAMA)誌2006年7月5日号に報告された。いずれも、バレニクリンが有効で安全、忍容性が高いことを示している。12週の治療期間終了時には、治療群の40%以上が4週間の禁煙に成功、引き続き52週まで禁煙できた人も20%を超えたという。

ログインして全文を読む