舞鶴市民病院は、米国から教育専門の医師を招請するなど、臨床研修に力を入れていた病院として一時期、有名になった病院です。しかし、2004年3月には内科医が大量に退職し、とうとうこの7月からは常勤医がゼロの状態に追い込まれました。その経緯を元院長に語っていただいたのが、第1位に入った「舞鶴市民病院崩壊の一因は報道にも」です。また「REPORT」では、「2006年版・これが適応外処方の実態だ!」が第6位に。8つの薬効別に適応外処方の処方頻度を掲載した資料価値の高い記事で、7月下旬は日々、閲覧ランキングの上位を飾っていました。

ログインして全文を読む