胃食道逆流症(gastroesophageal reflux disease:GERD)の診断に、内視鏡検査は不要ではないか──。こんな検討結果を、横浜市大消化器内科の稲森正彦氏が、第60回日本食道学会学術集会で発表した。

ログインして全文を読む