肺外結核は診断が遅れる傾向があり、呼吸器内科などの結核診療の経験が多い診療科へ紹介されずに別の科を受診した場合に、診断が大幅に遅延する傾向があることが分かった。日本医大呼吸器・感染・腫瘍内科の藤田和恵氏らの調査でこのほど明らかになった。

診断に時間要する肺外結核の画像

ログインして全文を読む