C反応性蛋白質(CRP)やE-セレクチンなど、新たに見い出された冠疾患(CHD)マーカーは、CHD発症予測モデルのパラメータとして組み入れても、予測精度の向上につながらないという研究成果が、米ミネソタ大学のAaron R. Folsom氏らによって報告された。詳細はArchives of Internal Medicine誌2006年7月10日号に報告された。

新マーカーは冠疾患の予測精度を高めずの画像

ログインして全文を読む