世界保健機関WHO)がタイ公衆衛生省の発表として7月26日に伝えたところによると、同国で今年初の鳥インフルエンザH5N1)ヒト感染が発生した。患者はタイ北部のピチット県タップ・クロ地方在住の17歳の男性で、7月15日に発症し、20日に入院したが24日に死亡した。この男性は7月10日に鶏の死骸を埋める作業を行っていた。ヒト感染が動物のH5N1ウイルス再流行と同時期に起こったことから、タイ当局は、動物の流行と人間に対するサーベイランスの両面で対策の強化を進めている。

ログインして全文を読む