沖縄県の季節はずれのインフルエンザ流行は第24週をピークに順調に減少しており、第28週(7月10日〜16日)には、第21週以来7週ぶりに定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)が10を切り、県レベルの流行発生注意報が解除された。

沖縄のインフルエンザ、注意報水準切るの画像

ログインして全文を読む