大阪府の食の安全推進課は7月23日、大阪府摂津市内の私立幼稚園で、発症者数139人と大規模な食中毒が発生したが発生したことを明らかにした。有症者がこの幼稚園の給食室で作った給食を食べていたことと、患者の便からサルモネラ属菌が検出されたことから、茨木保健所では、給食を原因とする食中毒と断定、この幼稚園に対し、7月23日から7日間の給食業務停止を命じた。

ログインして全文を読む