大阪府は7月22日、府内冨田林市で男性がセアカゴケグモに咬まれる事例が発生したと発表した。被害者は59歳の男性で、自宅の庭に出ようと素足でサンダルを履いたところ、ついていたセアカゴケグモに足指を咬まれた。痛みが強かったため、この男性は自分で大阪府立急性期・総合医療センターの救急診療科を受診した。局所の痛みは強いものの、腫脹は小さく、全身症状も見られないため、抗毒素血清などは使用せず、帰宅した。その後、軽快しつつあるという。

ログインして全文を読む