自由行動下24時間血圧(ABP)が鬱血性心不全(CHF)発症の予測因子として有用であるかどうかを評価するコホート研究の結果、ABPによる夜間拡張期圧(DBP)とnon-dipping血圧が、CHF発症の独立した予測因子であることが判明した。

ログインして全文を読む