成人の市中肺炎に対する抗菌薬治療では、確実なエビデンスがないまま、7〜10日間投与を継続する方法が広く用いられている。しかし、3日間のアモキシシリン(AMPC)静注投与後、改善が見られた患者を2群に分け、アモキシシリンまたはプラセボを8日目まで経口投与する無作為割付比較対照試験を行ったところ、8日間投与と3日間投与の予後に差がないことがわかった。オランダ・アムステルダム大学病院のRachida el Moussaoui氏らの研究成果で、詳細はBritish Medical Journal(BMJ)誌2006年6月10日号に報告された。

ログインして全文を読む