石川県金沢市で7月7日、第14回日本乳癌学会学術総会が始まった。県立音楽堂など4施設の11会場で8日までの2日間開催される。今学会の会長は金沢大医学部附属病院乳腺科教授の野口昌邦氏。大会テーマとしては「エビデンスの検証と新たなる挑戦」を掲げた。

金沢市で第14回日本乳癌学会が開催の画像

ログインして全文を読む