電子レセプトの普及がなかなか進まない現状を変えるべく、厚生労働省は既存のレセコンを安価に電子レセプトに対応させるソフトウエアの配布を開始した。医療機関にとっては、電子レセプトへの対応だけではなく、診療報酬改定の際のメンテナンスや、データの取り出しが簡単になるメリットがある。

ログインして全文を読む