COX-2阻害薬とプラセボ、COX-2阻害薬と従来型NSAIDsを比較した前向きの無作為割付比較試験のメタ分析の結果、COX-2阻害薬は偽薬に比べ、重症の血管イベントリスクをほぼ2倍に高めること、一部の従来型NSAIDsも高用量だと同様のリスク上昇をもたらすことが明らかになった。

ログインして全文を読む