日経メディカル オンラインで6月1カ月間で最も読まれたのは、5月に引き続き、ヘッドハンターXのブログでした。「銀座で見える医師の『本性』」(6/2)です。2位も「大学医局の“恫喝”に屈した有名病院チェーン」、さらに17位にも「民間病院は『客を呼べるか』を見極める」という、X氏のブログがランクイン。

ログインして全文を読む