喘息患者の吸入ステロイド薬普及率は成人18%、小児8%に増加したものの、喘息により日常生活に制限を感じている成人は58%、小児は48%と依然として多い−−。喘息患者の治療の現状や生活への影響を調査した「全国喘息患者電話調査(AIRJ)2005」から、こんな実態が明らかになった。

吸入ステロイド薬の普及率はやや上昇の画像

ログインして全文を読む