米国で「10万人救命キャンペーン」を実施していた非営利団体IHI(Institute for Healthcare Improvement)が、キャンペーンの目標達成を発表した。製造業の品質管理手法を応用し、医療の手順の標準化と改善活動によって医療の質を上げることによって、緊急時の対応体制を整えたり、避け得る感染症を防ぐことで、「患者の抑止できる死」を大幅に削減しようという運動だ。

ログインして全文を読む