東京都は6月16日、東京・新宿の高級ホテル「パークハイアット東京」で結婚披露宴の食事が原因と見られる食中毒が発生したことを明らかにした。患者数は70人に達したが入院者などは出ていない。新宿保健所は、患者の共通食が結婚披露宴の食事しかないこと、医師が有症者を食中毒と診断したことから、同ホテルの食事を原因とする食中毒と断定、ホテルのキッチン2部門を6日間の営業停止処分とした。当日の食事は、カツオのタタキ、ホタテ貝のポワレ、子牛のローストなど。

ログインして全文を読む