気管支喘息の診療ガイドライン(JGL2006)が3年ぶりに改訂され、5月30日に開催された第18回日本アレルギー学会春季臨床大会で発表された。成人喘息での大きな変更点は、ステップ2(軽症持続型:症状の出現頻度が週1回以上)の長期管理において、吸入ステロイド薬が唯一の第1選択薬となり、他剤と明確に区別されたことだ。

成人喘息ガイドラインが改訂の画像

ログインして全文を読む