インドネシアで集団感染が報告されるなど(関連記事)、H5N1型インフルエンザウイルスが全世界に勢力を拡大しつつある状況の中で、H5N1型インフルエンザのワクチン開発は急務だ。そのワクチン開発を後押しするため、厚生労働省は5月24日の審議会で、新型インフルエンザのワクチン「沈降インフルエンザワクチン(H5N1)」を、希少疾病用医薬品(オーファンドラッグ)に指定した。

ログインして全文を読む