神奈川県薬剤師会の調査で、精神刺激薬や抗不安薬、抗うつ薬などの処方せんの偽造が横行している実態が明らかになった。第29回日本プライマリ・ケア学会で、神奈川県薬剤師会理事で、同会のリスクマネージメント委員会の山村真一氏が発表した。

ログインして全文を読む