世界保健機関(WHO)は5月19日、インドネシア保健省が新たな鳥インフルエンザ(H5N1)感染確定例が1人発生したと発表した。患者はジャカルタ西部在住の12歳の少年で、5月7日に入院したが同月13日に死亡した。インドネシアではヒト感染が相次いでおり、累計患者数は41人に達した。そのうち32人が死亡している。

ログインして全文を読む