少年野球の選手で肘痛がある場合、高率で野球肘がみられる。練習場などに持ち込んで検査ができる超音波診断は、X線検査との一致率も高く、野球肘の早期発見に有効であることが明らかになった。山形大整形外科の原田幹生氏らが、5月20日の一般口演「スポーツ」で報告した。

野球肘の早期発見に超音波検査が有効の画像

ログインして全文を読む