世界保健機関(WHO)が5月18日にエジプト保健省の発表として伝えたところによると、同国で鳥インフルエンザ(H5N1)の感染確定例が新たに確認された。患者はアル・ミンヤ州在住の75歳の女性で、5月11日に発症し、18日に死亡した。病鳥との接触が確認されているという。これで同国のH5N1感染・発症者は14人になった。このうち6人が死亡している。

ログインして全文を読む