硫化鉛が黒色を呈することを利用した簡便な「鉛検出スプレー」が、鉛汚染とその除去の必要性を作業者に自覚してもらうのに役立っている。帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座主任教授の矢野栄二氏が、5月9日〜13日に仙台市で開催された産業衛生学会のポスターセッションで報告した。

鉛汚染がひと目で分かるスプレーが威力の画像

ログインして全文を読む