カナダの高齢者140万人の医療歴を調べた研究で、抗菌薬としてガチフロキサシン(GFLX)を投与した場合、他の抗菌薬に比べ、血糖異常が起きる頻度が有意に高いことが判明した。

ログインして全文を読む