サノフィ・アベンティスは5月8日、経口抗血小板薬のクロピドグレル(商品名 プラビックス)を発売した。効能・効果は「虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制」。75mg錠と25mg錠の2剤形がある。クロピドグレルは今年1月23日に承認され、4月28日に薬価収載された。薬価は75mg錠が289.60円、25mg錠が114.50円。9年後のピーク時に534億円の売り上げを見込む。

ログインして全文を読む