機能性胃腸症(FD :Functional Dyspepsia、機能性ディスペプシア)の治療には、消化管運動機能賦活薬のモサプリド(商品名:ガスモチン)の方が、慢性胃炎治療薬のテプレノンよりも有意に有効であることが、わが国初の前向きの大規模臨床比較試験(JMMS)で明らかになった。

ログインして全文を読む