オランダでは終末期鎮静を規制する特別の法律はなく、安楽死も法的に認められている。2001年には全死亡者の4〜10%が鎮静、2.6%が安楽死によるものだった。終末期の患者に対する鎮静や安楽死を行ったことがあるオランダの医師に対する面接調査の結果、患者が抱えていた苦しみの内容、意志決定がどのように行われたか、余命短縮期間、など、多くの点で鎮静と安楽死に大きな違いがあることが明らかになった。概して、人生最後の時に尊厳を失いたくないという気持ちが強い人は安楽死を望み、肉体的、精神的な苦痛からの解放を望む人には鎮静が行われていた。オランダ ロッテルダム大学のJudith A. C. Rietjens氏らの研究で、詳細は、Archives of

ログインして全文を読む