中国衛生省は4月18日、中国で新たなH5N1型鳥インフルエンザ感染者が発生したと発表した。患者は湖北省の省都である武漢市在住の21歳男性で、4月1日に発熱と肺炎症状を呈して発症し、入院したが重症になっている。検査の結果、4月17日にH5N1感染が確認された。密接接触者は医療観察下にあるが、今のところ、発症例はないという。国営新華社通信によると、同国の発症者数はこれで17人目になった。このうち11人が死亡している。

ログインして全文を読む