国立感染症研究所の感染症情報センターが公表した2006年第12週(3月20日〜3月26日)の感染症週報(感染症発生動向調査)によると、咽頭結膜熱は第4週以来8週ぶりの減少、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は年初以来、定点あたり報告数の急激な増加が続いてきたが11、12週と連続して減少した。ただし、どちらも過去10年の同時期の最大値を上回っている。

ログインして全文を読む