妊娠した場合に、抗うつ剤投与を継続するか中止するかの判断は難しい。最近、選択的セロトニン再吸収阻害剤(SSRI)が胎児に影響を与えるとする報告が相次いでいるためだ。しかし、うつ病の女性が妊娠をきっかけに抗うつ剤の使用を中止すると、治療を継続していた女性に比べ、妊娠期間中の再発リスクが5倍に跳ね上がることが明らかになった。

ログインして全文を読む