千葉大学医学研究院循環病態医科学助手の中川敬一氏らの研究グループは、脂肪の量を低く抑えた食事療法と少量のルなどを効果的に低減させうることを見出した。

ログインして全文を読む